フィラリア予防情報館へようこそ!

どんな病気も予防するうえで大事なのは、まず知ることです。

知ることではじめて対策を講じることができるようになります。

大切なペットをフィラリア予防薬を入手して守ってあげましょう。

ここではフィラリア症とはどんな病気なのか、フィラリア予防薬にはどんなものがあるのかなど、フィラリア症の予防に必要な情報を紹介していきます。

大切な家族の命を守るためにも知識を増やしてください。

わんちゃんの命を守るフィラリア予防薬の格安通販はこちらへお進みください。とても分かりやすい個人輸入サイトさんです。

フィラリア症は予防が大事!感染率や感染経路とは?

フィラリアとは

子犬

フィラリアは別名、犬糸状虫といい主に犬等のペットが感染します。

感染経路は蚊が媒介し移り特に7~9月が感染が多い時期です。

フィラリアに感染した犬の血を蚊が吸うときにフィラリアの幼虫のミクロフィラリアを一緒に吸い込みます。

ミクロフィラリアは蚊の体内で脱皮をし幼虫に成長し蚊の口元へと移動します。

蚊が犬を刺すと犬の体内に侵入します。

侵入してすぐには症状が出ず脱皮を繰り返して最終寄生場所である犬の肺動脈や心臓に寄生します。

成虫になるまで6~7ヶ月位かかるため感染してしばらくは症状が出ません。

症状は乾いた咳が出たり食欲や元気がなくなったりします。

散歩をいやがったり血尿が出たり妊娠していないのにお腹が膨らんだりする症状もあります。

フィラリアの成長経路

フィラリアの成長経路は5段階に分けられます。

第1段階として産出があります。

幼虫として生まれてきます。

このときの大きさは0.2mmから0.3mmです。

第2段階として蚊の体内で成長します。

体内に入ってから2日から3日で脱皮します。

第3段階として犬の体に移れる状態になります。

25度から28度の気温が続くと10日から14日間で再度脱皮します。

犬がフィラリアに感染するのはこの第3段階からとなります。

第4段階になると蚊が吸血したときに犬の体内に入ります。

血管に入り、さらに皮下組織に入り再度脱皮します。

この後筋肉に移動して50日から60日過ごします。

第5段階になると、肺動脈に入り長さは2cmから3cmの大きさになります。

この後急激に成長し成虫となり、さらに繁殖が続いていきます。

フィラリア症感染率

犬のフィラリア症の感染率は様々なデータがあり地域や外で飼われているか室内犬か等の環境でも異なっています。

動物愛護センターが行った検査では発症率が15%前後だったそうなので感染率はもっと高いといわれています。

フィラリアは潜伏期間が長く成虫となって子供を産まないと検査ではわからないので感染率の正確なデータがとりにくいといわれています。

フィラリア症の潜伏期間は2~3年、長い場合は4~5年かかる事もあります。

感染しても免疫力の強い犬の場合発症しないこともあります。

フィラリアは蚊が媒介して発症するため防ぐのは難しく成虫になってしまうと副作用の強い薬が必要となってしまうので犬などのペットを飼っている人は予防対策が必要です。

ページTOP