アドボケートの効果や注意点を紹介!

アドボケートとは

フィラリア予防薬アドボケート

アドボケートとは、寄生虫に感染した際に使用する物のことを言います。

ノミやダニをはじめ、フィラリアや線虫にも効果があります。

ただし効果がある反面多少の副作用もあるようで一時的な痒みや稀に毛が油っぽくなったり、紅い斑点ができたりします。

これらはあくまでも一時的なものなのでしばらくすればなくなります。

アドボケートを使用する際の注意としては、目や口に入らないようにすることと正しい使用法で投与すること、また投薬の基準が感染している物によって異なりますが、処置の期間にシャンプーを念入りに行うなどの行為をすると効果が薄れる可能性があるので注意が必要です。

どのような薬にも言えることですが、取扱説明書を良く読んだ上で正しく使用するようにしましょう。

アドボケートの効果

アドボケート犬用は動物用医薬品であり、内部及び外部寄生虫の駆除を行います。

フィラリア症の予防と、線虫類(犬回虫、犬鉤虫)の駆除に効果があります。

月1回の定期的な投薬によってフィラリア症の原因となる犬糸状虫などの線虫類に対する有効成分であるモキシデクチンの有効濃度が維持され、約1か月間効果が持続します。

また、犬回虫や犬鉤虫の成虫だけでなく、おなかの中で成長している幼虫や未成熟虫にも高い駆除効果を得ることができます。

さらに体表に付いたノミに対しても有効であり、アドボケートの有効成分と接触することによって吸血されることに関係なくノミを速く駆除することができます。

長く、深く、速く効くことが特徴の予防力を持った寄生虫薬です。

アドボケートの使用方法・注意点

アドボケートは、フィラリア症を予防できる塗り薬です。

寄生虫を駆除します。

ノミの駆除にも効果があります。

犬は、寄生虫に感染すると皮膚の病気にかかったり、下痢や嘔吐といった症状も現れます。

症状が悪化すると命を落とす事もあります。

塗り薬なので、飲み薬が苦手な犬にはありがたい薬です。

使用方法・注意点ですが、肩甲骨のあたりの皮膚に直接つけて、1本すべて使います。

皮膚に塗った後直ぐに撫でたりシャンプーで洗ったりすると、効果が無くなってしまいますので気を付けなければなりません。

しっかりと皮膚に浸透させる事が重要です。

この薬は、生まれて間もない子犬には使用できません。

また妊娠中や授乳中の犬には、使用しない方が良いでしょう。

ページTOP