個人輸入を活用するメリット・デメリットとは?

個人輸入とは

輸入

個人輸入とは、海外のメーカーや商社、小売業者などから個人が直接商品を購入することです。

日本の販売価格より安く入手できる、日本で入手困難な商品を購入できるなどのメリットがあります。

方法としては、自分で交渉や輸入の手続きを行うケース、代行業者に依頼するケースの2通りがあります。

自分で行う場合は、スピーディーな手続きが可能ですが、トラブルが発生してもすべて自己責任で対処しなければなりません。

代行サービスの場合は難しい手続きなどを業者がサポートしてくれるので安心感はありますが、その分時間がかかり、手数料も必要になります。

輸送手段は航空便や船便、国際郵便、国際宅配便などがあります。

ネットの個人輸入サイトを利用する方法もありますが、サイトによって基本手数料や送料、サービス内容が異なりますので事前に十分比較検討した方がいいでしょう。

個人輸入のメリット

ネット通販が流行っている現代において、個人輸入をしている人は少なくありません。

そのメリットとは、第一に「日本国内では高いものを、現地価格で入手できる」点にあります。

特に医薬品やサプリメントなどは、日本国内で購入すると高くついてしまうため、個人輸入をすれば非常に安価で抑えられます。

さらに、円高の時に購入すればもっとお得にほしいものを入手できます。

そして個人輸入の場合は、食品衛生法や薬事法等に関する手続きが免除されているため、課税が免除されます。

次に、「日本未発売のグッズ・入手困難なグッズ」が入手しやすい点です。

欲しい商品が日本国内で手に入らないとき、直接外国に行く必要はなくなります。

以上の2点が個人輸入の主なメリットといえます。

正しく使えば個人輸入で満足いく買い物ができるでしょう。

個人輸入のデメリット

個人輸入のデメリットとしては自分ですべての手配をしなければならない点があります。

数ある外国のお店のサイトがあっても欲しい商品を見つけ出すのに手間がかかります。

欲しい商品を見つけたとしても、数量やサイズなどでの問い合わせをしたい時には外国語が必要になってくる事があります。

また実物をみる事ができなかったり、送料が高くかかる事もあります。

またすぐに使いたい物であっても届くのに時間がかかってしまいます。

他にも薬品に関して個人輸入をする時は説明書も外国語で書かれている事を理解する必要がありますし、別の薬との飲み合わせに気をつけなければなりません。

副作用など薬の持っている作用を理解していないとトラブルのもとになるなどのデメリットがあります。

ページTOP