ストロングハートの効果や使用上の注意点とは?

ストロングハートとは

フィラリア予防薬ストロングハート

ストロングハートとは、チュアブルタイプのフィラリアを予防する薬のことを言います。

また、ハートガードやカルドメックチュアブルと同一の成分を有しているのが特徴です。

またチュアブル、プラスチュアブルと種類があります。

効果としては、フィラリアの予防や消化管内にいる線虫の駆除が挙げられます。

特にフィラリアについては、犬の健康に深刻な被害を及ぼすおそれがありますので早急な対応をする必要があるという意味でも良いです。

蚊が発生する時期からいなくなって1ヶ月後まで月1回投与する必要があります。

フィラリア予防などの薬は色々とありますが、その中でもジェネリックで比較的安価で手に入れることができるので1つのメリットと言えます。

ストロングハートの効果

犬用フィラリア予防薬であるストロングハートは、1ヶ月に1回という投薬間隔で服用し、主成分イベルメクチンにより確実な効果が発揮されます。

このイベルメクチンとは、経口駆虫薬(マクロライド系)の一つであり、フィラリア以外にも皮膚病疥癬・糞線虫症(十二指腸に寄生)などの特効薬としても知られています。

また、世界中で人間の疾病にも使われている成分でもあり、オンコセルカ症・リンパ系フィラリア症に高い効果を発揮します。

犬のフィラリア症に対しては、蚊の体内である程度成長したフィラリア幼虫が犬の血を吸う時に媒介され、犬の皮膚組織間で血管へと進入しようと準備をしている無症状期において投薬されると、フィラリアに感染する前に幼虫を殺虫する効果があります。

ストロングハートの使用方法・注意点

ストロングハートは犬のためのフィラリア予防薬となりますが、愛犬に正しく使用してあげるために、使用方法・注意点について理解しておいたほうが良いでしょう。

まず大型犬用、中型犬用、小型犬用と3種類あるので、大きさに合ったものを投薬するようにします。

ひと月に一個与え、食事に混ぜても良いですし、直接与えても大丈夫です。

注意点としては、フィラリアに確実に感染していないことを確認するようにします。

もしフィラリアに感染していた場合に、ストロングハートを投薬してしまうと、アレルギー反応を起こしてしまい、最悪の場合は亡くなってしまうこともあります。

投薬する前には、病院などでフィラリアが陰性であることを確認するようにしましょう。

ページTOP